耐震住宅|エアー断震装置|質問

トップページへ


よくある質問(FAQ)


1  既存住宅にエアー断震装置を設置できますか?
    その際、いくらぐらいの価格が必要でしょうか?

エアー断震装置を既存の住宅に設置することは可能ですが、大がかりな工事と なり、既存の住宅の間取りや築年数などの状況により、金額が大きく変化いたします。 そのため現地調査をしなければ正確な費用は建物によってことなりますが、費用は1000万円くらいを想定して頂ければと 思います。



2  三階建てで正方形・長方形の家では無いのですが
    エアー断震をすることは可能でしょうか?

まず3階建てでもエアー断震システムを取り付けることは可能です。
家の形(正方形・長方形)につきましてはよっぽど複雑な形でない限り対応はできますが図面がございましたら その図面を元に判断させていただく形が一番確実です。



3  どこで購入できますか?

各地区ごとの販売代理店または、エアー断震システム施工店加盟店から ご購入可能です。



4  断震と免震の違いは何ですか?

免震とはベアリングや積層ゴムを使って基礎から建物を浮かせて地震の揺れを
吸収しようというものです。

エアー断震の建物は浮上する事で揺れを殆ど建物に伝えないほどの効果があります。
まさしく 揺れを断つということで、敢えて断震と呼称しております。 エアー断震は、免震ではなく免震を超える効果を発揮します。



5  もしエアー断震装置のパーツを交換することになった場合、
    比較的容易に交換できるものですか?

コンプレッサー、バッテリー、ステンレススカートなど、容易に交換できる分部は多いです。 その他、相応の工事が必要な分部が必要な分部もありますが、交換は可能です。



6  今回の大地震のように長時間の揺れでも対応できますか。
    また、エアーの補充にどのくらい時間がかかりますか。

長時間の揺れに関しては設置したタンクの数などで変化しますが 空気が抜けきるまで浮上しています。今回の震災では大きな揺れが2回ほどありましたが2回とも浮上して いるとの報告です。
(時間的な間隔がありましたので1回上昇後下降、その後再浮上といった形です。)

時間の計算としては時間は、タンク1本200リッター ×本数 ×突出量で計算出来ます。
上記計算式で算出できるようですが地震の揺れのパターンを見てみると問題がないように設計されているようですのでご安心ください



7  通常時の電気代はどのくらいですか。補充時の電気代はどのくらいですか。

上記はコンプレッサーを製造しているメーカーサイトを参照いただけたらと思います。


8  空気を補充する時の騒音はどのくらいの大きさですか

コンプレッサーの音に関しては公表されていないので不明ですが私が小さなエアー 断震体験設備で聞いた感想ですとモーター音と 送風音という感じの音でした。
屋外発電機のような騒音といった感覚はありませんでした。

コンプレッサーの音は室内への振動やご近所にご迷惑がかかる事がないように配慮された製品を標準では使用しております。

タンク内の圧力が落ちるとコンプレッサーが自動で作動しますが、オプションでタイマーを設置し夜間は動かないようにす る事も可能です。



9  揺れが収まってから浮上してから3分ほどで家が降りてくるとありますが、
    浮いてる状態が 3分ではなくて、揺れている間は浮き続けているということでよろしいですか?
    また、地震の間隔が短いとき(例えば5分とか)、きちんと作動しますか?

浮上テストなどにより実証されているのは「空気が吹き込まれ始めた瞬間から抜けきるまでは断震している」点です。
地震の揺れのパターンからして長時間揺れ続けている状態のパターンは今のところないため
「強い揺れの間は大丈夫」と言えます。

時間的な間隔の短い場合は空気を充てんするタンクやコンプレッサーの規模によって時間は変わってきます。
今回の震災時は関東地方などでは大きな揺れが2回ほどありました。

この場合には1回揺れた時に浮上して下降、 その後2回目の揺れの時に瞬時に再浮上ができておりますのでご安心ください。



10  建物の構造は平屋でもOKですか?

新築ではないと施工ができませんが、 在来工法、2×4工法などの戸建て木造住宅 は何でもOK。
平屋でも3階建てでも問題ありません。



11  エアー断震は震度いくつまで大丈夫ですか?

阪神大震災規模の地震でも心配ありません。
ただし、想定外の大地震の場合はその限りではありません。
設定震度以上では揺れは感じません。震度7でも揺れません。



12  断続的な地震の際の断震装置の動作は?

地震による停電時でも備え付けのエアータンクから空気を送り込むことで、標準で5回くらいの余震に対応できます。 さらに、エアータンクの本数を増やすことで、浮上回数を増やすことが可能です。



13  地震センサーの感度調整は可能?

コントロールボックスに感知震度切替スイッチがあり、初期設定では震度3または震度4が選べます。 エアータンク内の空気を節約するために48時間以内の余震について、震度4以上でなければ作動しない設定になっています。



14  エアー断震装置の寿命は? またステンレススカートの耐久性は?

ステンレスはとても錆びにくい素材であり、設置条件によりますが20年以上はもつと言われています。 もしステンレススカートに錆びや腐食等が発生したとしても、簡単な作業で交換が可能で



15  台風や強風による影響は大丈夫ですか ?

エアー断震は従来型の免震構法と異なり、平常時は人工地盤と基礎が重なって建っているので断震構法による台風の影響は全くありません。 また、人工地盤と基礎を固定するロック操作は一切ありません。



16  停電時も稼働できますか?

作動します。常にバッテリーから電源を供給し、センサーが24時間地震を監視しています。建物を浮上させるための空気はエアータンク内に圧縮 充填されており、この空気の吹き出しもバッテリーの電源を使うために停電時でもエアー断震システムは通常通り作動します。



17  家が浮いている時にガス管などをいためませんか?

建物が浮いている時に、揺れでガスや上下水道などの配管が損傷しないように、フレキシブル配管を使用していますので、問題ありません。



18  地震の後、建物は元の位置に戻りますか?

地震により人工地盤と基礎の位置がずれると『位置修正装置』が作動し、下降 しながら元の位置に修正される仕組みになっています。

→ 地震により人工地盤と基礎の位置がずれると『位置修正装置』が作動し、下降しながら元の位置に修正される仕組みになっています。



19  万が一、建物が浮かなかった場合はどうなりますか?

エアー断震は装置自体が単純で故障はほとんど起こりません。仮にシステムが作動せずに地震が来ても、人工地盤と基礎の間でスリップを起こし 揺れを吸収するので、装置なしの住宅のような被害は回避できます。



20  どれくらいの震度で作動しますか?

コントロールボックスに感知震度切替スイッチがあり、初期設定では震度3または震度4が選べます。 エアータンク内の空気を節約するために48時間以内の余震について、震度4以上でなければ作動しない設定になっています。



21  電車やトラックなどの振動に反応はしませんか?

揺れの周波数など種類が異なるので、誤作動は起こりません。
→ 揺れの周波数など種類が異なるので、誤作動は起こりません。



22  どれくらいの大きさの建物まで設置可能ですか?

ペンシル型のような1階の床面積に対して極端に背の高い建物については問題がありますが、基本的に体育館のような大きな建物にも 設置可能です。



23  地震が発生してから実際に浮き上がるまでの時間はどれくらいですか?

1回目の浮上でエアータンク内の空気が満タンの場合は、 5〜7秒で約15ミリ浮上します。
→地震が発生して地震センサーが設定震度以上を感知すると約0.3〜0.5秒で浮上が始まります。
1oでも浮上すると地面から離れますので、揺れない効果を発揮し始めます。

瞬時に浮上するので中にいる人には恐怖を感じさせません。
約15o(標準設定)まで浮上を続けます。



24  装置の交換は簡単にできますか?

床下に設置する位置修正装置、配管などは相応の工事が必要ですが交換可能です。
そのため位置修正装置の設置個所には点検口を設けます。

→ 床下に設置する位置修正装置、配管などは相応の工事が必要ですが交換可能です。
そのため位置修正装置の設置個所には点検口を設けます。



トップページへ

Copyright (c) lifestyle Inc. , All rights reserved.